オスグット

こんなオスグット病でお困りではないですか?

  • 階段を上り下りすると膝下が痛む
  • 椅子から立ち上がる時に膝下が痛む
  • 散歩をしていると膝下が痛む
  • 屈伸をすると膝下が痛む
オスグット 痛み

日常生活の動作の中で膝のお皿の下が痛むことはありませんか?痛みがでる方は子供のときに発症したオスグット病が治っていない可能性があります。オスグット病は10歳~15歳くらいまでにおこる、成長痛です。子供のときに発症したオスグット病が完全に緩和しておらず、大人になって急に発症することがあります。でももう大丈夫です。あなたと同じオスグット病に悩んでいた人が、赤羽のちいさな整体院の整体で改善されております。

ホームページ限定割引

オスグット病とは?

オスグット 図

小学生・中学生・高校生の発育期(10~15歳)に多く見られます。場所としては、膝の外傷で脛骨(ケイコツ)が出っ張って痛むという骨膜炎です。その原因としては、サッカー・バスケットボールなど膝を良く使うスポーツに多く発症します。大人になっても発症することがあります。

子供の時に痛みは引きますが完全に治っておらず、今まで膝の痛みがない方でも、大人になってスポーツを始めると膝が痛くなったという方は、オスグット病の可能性があります。

オスグット病とはどんな症状?

膝のすねの部分や膝の裏の部分が痛みを感じる患者さんが多いです。

大きな衝撃を膝に与えるスポーツなどを行っていると、膝のすねの部分に炎症が生じ、脛に存在する骨端核が機械的に牽引力がかかることで、膝に負担がかかり痛みを発症します。

もう一つは、大腿四頭筋(ももの前の筋肉)から膝蓋骨(膝の皿)・膝蓋靱帯(膝からすねに付着している靱帯)膝蓋腱・脛骨粗面の順で強い痛みが発症することもあります。

スポーツ選手では、膝の伸展の反復運動が激しい為、ジャンパー膝・シンディングラーセン・ヨハンソン病などに疼痛が起こる頻度が高いです。痛みをほっとくと、歩行障害や階段の昇り降りができなくなります。

子供の時は安静にしとくだけで治りましたが、大人になると治りも遅く膝の痛みが長引く為、腰痛や股関節痛・背部痛などの症状も発症する可能性があります。

なぜ オスグット病は改善されないのか?

病院での処置

  • 安静湿布や塗り薬を処方
  • 痛み止めを処方
  • 電気治療

病院では、レントゲンを撮って現状を説明します。症状が悪く剥離があった場合は手術を勧められます。酷くない場合は、安静にするか、スポーツを控えめにということを指導されます。

整骨院での処置

  • 膝周りのマッサージ
  • 太もも(大腿四頭筋)のストレッチなどetc…
  • 低周波・電気治療
  • 患部に湿布やテーピング

整骨院では、膝に低周波や電気をかけます。その後、患部をマッサージし重度の症状であれば、テーピングなどを貼り、膝を固定し安静状態にします。

なぜ?それだけは良くならない理由

病院や接骨院では、膝のみしか治療して頂けないケースが多くあります。それだけでは、根本原因が見つけられておらず、施術ポイントが見当ハズレだからです。軽度の痛みでしたら、それだけでも緩和しやすいのですが、長い間痛みを抱えたオスグッド病ではなかなか緩和しにくく、膝だけでは良くなりません。オスグッド病の場合、筋肉の硬さ・靭帯の負担もあることながら、一番の根本原因は骨格の歪みが原因となっています。骨格の歪みに対して施術をしなければオスグッド病は完全には良くなりません。長い施術時間や、多くの回数をかけてもあなたのオスグッド病が良くならないのは、そういった理由からです。改善するには、これらの治療だけでは不十分です。

 

※効果には個人差があり、効果効能を保障するものではありません。

LINE予約

改善できる理由

赤羽のちいさな整体院の施術の特徴は、『問診』と『検査』を再重要視しています。それは、オスグット病と関連している箇所が必ずあるからです。一般の接骨院、整体院などでは、膝の症状だからと簡単に見て、すぐに施術に入ります。軽症な場合やたまたま施術箇所が当たっていれば良くなりますが、多くの場合は、そうはなりません。当院の『問診』では、オスグット病がいつから、どうやってどのように痛むかなどはもちろんのこと、その他の一見無関係そうな以前の仕事中の姿勢や家での姿勢、寝方、過去の全身の中でのケガ、交通事故の既往、心的ストレス、生活習慣なども聞いていきます。『検査』も同じく、関係なさそうなオスグット・病以外の足首や手首、骨盤など全身に渡って行います。こうして『問診』『検査』を行うことによって、はじめて、あなたのオスグット病の原因の仮説が立ち、根本からの改善へと向かうことが見込めます。

 

※効果には個人差があり、効果効能を保障するものではありません。

改善へ向かう整体法とは

上でもお伝えしたように、全身を見てオスグット病の関連となるところを探します。そして、関連と考えられる箇所に整体を行い膝の負担を和らげ、痛みを緩和させていきます。

筋肉や背骨自体は触らないことも多くあります。腰や背中の筋肉、背骨を直接施術しなくても、骨盤、足首、手首、また頭蓋骨や内臓治療などで、オスグット病に影響を出している箇所を調整し、痛みなどの症状も軽減していきます。

まとめ

赤羽のちいさな整体院では、オスグット病は体のゆがみから、膝に負担を与えてしまうのでまずは、体のゆがみを整え、膝に負担の掛からない、その人にあったバランスの良い状態を作ります。

慢性化したオスグット病は早期改善が難しい為、医者から手術を勧められますが、手術をするとその後のリハビリなどが大変で、ちゃんと歩行できるのに時間がかかりますのでお勧めはしません。

手術をお考えでしたら、まず当院で体のゆがみを整体で整え、膝に負担を与えている関連の箇所から施術して行き再発防止や痛みのない生活を送って頂きたいと思います。