変形性膝関節症

膝関節の痛み

  • 階段の昇り降りで膝がうまく動かない
  • 痛くて、長時間歩けない
  • 平坦な所でも躓いてしまう
  • 正座ができない
  • 椅子から立ち上がるときに、痛みが出る
  • 踏ん張ると、激痛が起きる

 

ホームページ限定割引

変形性膝関節症とは?

変形性膝関節症

そもそも変形膝関節症とは?

日本で約700万人の患者さんが、変形性膝関節症に悩まされています。

その中でも、40~65歳以上の方が比較的多いといわれる病気です。

初期、床から立ち上がる時や、起き上がる時に膝に違和感を生じます。

中期、動作の開始時のみ痛みが生じる。長く歩行ができない、踏ん張ると痛みが生じる

末期、安静にしていてもなかなか痛みが引かない、膝の骨が変形しO脚になる。正座ができない。屈伸ができない。階段の昇り降りがしづらい。

 

なぜ変形性膝関節症は起こるのでしょうか?

膝の筋力低下・加齢・体の肥満などがきっかけにより、膝関節の機能が低下します。

膝関節の機能が低下すると、上の膝と下の膝のかみ合わせが悪くなります。

かみ合わせが悪いと、膝の中にある軟骨や半月板(衝撃のクッションの役目)のかみ合わせも悪くなりますので、長期わたって膝の軟骨が少しずつすり減り変形し断裂を起こします。

多くが炎症による関節液の過剰滞留があり、痛みを出現させます。

これを一次性といいます。

関節リウマチや膝の怪我など、他の原因によって引き起こされるものを二次性といい

変形性膝関節症はこの2種類と言われています。

なぜ?一般的な施術で改善できないのか?

病院の場合

  • 痛み止めの薬を処方される
  • 安静と言われる
  • ステロイド注射をする
  • 温熱療法
  • 人工関節を入れる手術
  • 運動療法

病院では、レントゲンを撮り、膝の中が狭くなっているねと言われます。生活習慣を注意されシップや痛み止めを処方されます。痛みがひどくなっていきますと、ステロイド注射やヒアルロン酸注射を、関節内に打ちます。重度の歩行困難になりますと、人工関節の手術を勧められます。生活習慣をすぐに変えたところで、痛みは軽減されません。注射なども一時的なもので、効果が切れると、すぐに痛み出します。副作用もあるので、あまりお勧めしません。最終手段として人工関節を入れる手術がありますが、人工関節を入れた後のリハビリがかなり辛いと聞きます。リハビリを終えて、歩けるようになったとしても、人工関節を入れた骨の部分が、年齢とともに弱くなりますので、いずれ外れてしまう可能性もあります。

整骨院での処置

  • 電気治療
  • マッサージ
  • テーピング
  • 運動療法

 

接骨院の場合では、電気治療を行ったり、膝をマッサージしたりします。可動域が小さくなった膝を動かし、可動域を広げようと強引に動かします。強引に動かす為、かなりの痛みがでたりもします。その為次の日、もみ返しが来て、痛みが増幅することもあります。

 

ホームページ限定割引

改善できる理由

赤羽のちいさな整体院の施術の特徴は、変形性膝関節症は膝の症状と決まっておりますが、当院では『問診』と『検査』を重要視しています。それは、変形性膝関節症と関連している箇所が必ずあるからです。一般の接骨院、整体院などでは、膝の症状だからと簡単に聞くのみで、すぐに施術に入ります。軽症な場合やたまたま施術箇所が当たっていれば良くなりますが、多くの場合は、そうはなりません。

当院の『問診』では、変形性膝関節症がいつから、どうやってどのように痛むかなどはもちろんのこと、その他の一見無関係そうな以前の仕事中の姿勢や家での姿勢、寝方、過去の全身の中でのケガ、交通事故の既往、心的ストレス、生活習慣なども聞いていきます。『検査』も同じく、関係なさそうな変形性膝関節症以外の足首や手首、骨盤など全身に渡って行います。こうして『問診』『検査』を行うことによって、はじめて、あなたの変形性膝関節症の原因の仮説が立ち、根本からの改善へと向かうことが見込めます。

 

 

※効果には個人差があり、効果効能を保障するものではありません。

改善へ向かう整体法とは

上でもお伝えしたように、全身を見て変形性膝関節症の関連となるところを探します。そして、関連と考えられる箇所に整体を行い膝の負担を和らげ、痛みを緩和させていきます。

腰や背中の筋肉や背骨自体は触らないことも多くあります。そうすると、腰や背中の筋肉、背骨を直接施術しなくても、骨盤、足首、手首などの施術で、変形性膝関節症に影響を出している箇所が調整され痛みなどの症状も軽減していきます。

まとめ

赤羽のちいさな整体院では、変形性膝関節症は体のゆがみから、足に負担を与えてしまうのでまずは、体のゆがみを整え、足に負担の掛からない、その人にあったバランスの良い状態を作ります。

慢性化した変形性膝関節症は早期改善が難しい為、医師から人工関節の手術を勧められますが、人工関節を入れてもその後のリハビリなどが大変で、しっかり歩行できるのに、多くの時間がかかりますのでお勧めはしません。

手術をお考えでしたら、まず当院で体のゆがみを整体で整え、膝に負担を与えている関連の箇所から施術して行き再発防止や痛みのない生活を送って頂きたいと思います。