モートン病

こんなモートン病の症状でお困りてはないですか?

  • 足の中指と薬指の間がズキズキする
  • 足の裏がマヒして歩けない。
  • 足が痛くて長く歩けない。
  • 靴を何足も変えても、痛みがでる。
  • 足が腫れて靴が履けない。
モートン病

これらのモートン病は、赤羽のちいさな整体院で改善が見込めます。

もし、モートン病でお困りなら、当院が改善まで全力でサポートいたします。続きをご覧下さい。

まずは、当院の整体を受けられた方の喜びの声をご覧ください。

モートン病 喜びの声

モートン病の痛みが、3・4回の施術で痛みが全く出なくなりました。《モートン病》

アンケート用紙

[症状] モートン病 

 

一年前位に、突然左足裏に激しい痛みを感じました。

病院でモートン病との診断を受け、インソールを作りましたが、根本的直したいと思いこちらでお世話になることにしました。

ソフト整体は初めてで、少し不思議な感じがしましたが、3~4回目位の施術で痛みが全く出なくなりました。

今では、他の部位をみて頂いており、体も楽になりました。

 

M.H / 戸田市 /  54歳 / 女性 / 主婦  

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

ホームページ限定割引

モートン病とは?

合わない靴を履いて歩いていると、靴の中で足の骨が歪んでしまいます。

骨が歪むと、骨と骨の間についている筋肉と神経を圧迫します。

圧迫された筋肉と神経が、歩行中にストレスとなって足に負荷が掛かり、痛みとしてでてきます。靱帯と地面の間で圧迫されて生じる神経障害のことをモートン病といいます。

ヒールを履く中高年の女性がおおくみられます。

モートン病の原因とは?

モートン病 関連図

足の指は、つま先から足首にかけて、末節骨・基節骨・中足骨の順で構成されています。

ヒールなど狭い靴を履いて歩行していると、中足骨歪んでしまいます。

歪むと中足骨の間にある筋肉や痛みを伝える指神経を圧迫してします。

その状態で歩行をしていると、ストレスがたまり、痛みに変わります。

狭い靴を履かなければいいと思いますが、スポット履ける靴だったり、サンダルだったりすると、足が偏平足になり、中足骨が歪んでしまいモートン病になってしまいます。

なぜ?一般的な施術法でモートン病は改善されないのか?

一般的なモートン病の治療法

病院の場合

  • 痛み止めの薬を処方
  • ブロック注射・ステロイド注射
  • 湿布を処方
  • 手術

病院では、保存的療法として、安静・負担のかかる靴を履かないように言われます。それでも治まらないときは、ブロック注射やステロイド注射をし、痛みを緩和させようとします。それでも治らない場合は、圧迫されている部位を摘出する手術します。

整骨院の場合

  • 電気治療
  • 患部を温めたり・冷やしたりする
  • 幹部のマッサージ
  • テーピングで固定

接骨院では、患部に電気をかけます。足裏のマッサージをして、痛んでいる筋肉を柔らかくします。それでも良くならない場合は、足の裏にテーピングをします。

なぜ?それだけでは良くならない理由

病院や接骨院では、足の裏しか治療しません、それだけでは、根本原因が見つけられておらず、施術ポイントが見当ハズレだからです。軽度の痛みでしたら、それだけでも緩和しやすいのですが、慢性化したモートン病はなかなか緩和しにくく、足だけでは良くなりません。モートン病の場合、筋肉の硬さ・靭帯の負担もさることながら、一番の根本原因は骨格の歪みが原因となっています。骨格の歪みに的確に施術をしなければモートン病は完全には良くなりません。長い施術時間や、多くの回数をかけてもあなたのモートン病が良くならないのは、そういった理由からです。改善するには、これらの治療だけでは不十分です。

LINE予約

改善できる理由

モートン病 図解

赤羽のちいさな整体院の施術の特徴は

『問診』と『検査』を重要視していることです。

一般の接骨院、整体院などでは、痛む箇所や経過などを簡単に聞くのみで、すぐに施術に入ります。軽症な場合やたまたま施術箇所が当たっていれば良くなりますが、多くの場合は、そうはなりません。

当院の『問診』では、モートン病がいつから、どうやってどのように痛むかなどはもちろんのこと、その他の一見無関係そうな仕事中の姿勢や寝方、過去の全身の中でのケガ、交通事故の既往、心的ストレス、生活習慣なども聞いていきます。

『検査』も同じく、モートン病とは関係なさそうな、足以外の膝、股関節や手首、骨盤など全身に渡って行います。こうして『問診』『検査』を行うことによって、はじめて、あなたのモートン病の原因のが把握でき、改善へと向かうことが見込めます。

 

改善へと向かう整体法とは

上でもお伝えしたように、全身を見てモートン病の原因となるところを探します。そして、原因と考えられる箇所に整体を行います。

腰や背中の筋肉や背骨自体は触らないことも多くあります。そうすると、腰や背中の筋肉、背骨を直接施術しなくても、骨盤、足首、手首などの施術で、モートン病に影響を出している箇所が調整され、痛みなどの症状も軽減していきます。

まとめ

モートン病は体の歪みから、足に負担を与えてしまうのでまずは、体の歪みを整え、足に負担が掛からない、その人にあったバランスの良い状態を作ります。

慢性化したモートン病は早期改善は難しい為、医者から手術を勧められますが、手術などをしても再発するケースもありますので、お勧めはしません。

手術をお考えでしたら、まず当院で体の歪みを整体で整え、足に負担を与えている原因の箇所から施術していき、再発防止や痛みのない生活を送って頂きたいと思います。

 

なぜ? 多くの整体院の中で、当院が選ばれる5つの理由

※効果には個人差があり、効果効能を保障するものではありません。

※効果には個人差があり、効果効能を保障するものではありません。

※効果には個人差があり、効果効能を保障するものではありません。

※お子様をお連れになる方は、ご予約の際に前もって、お声掛けお願い致します。

地域唯一のココがNO1

LINE@

LINE画像

赤羽のちいさな整体院 地図