産後骨盤矯正

産後の骨盤矯正の本当の重要性を知っていますか?

多くの方が、何となく妊娠、出産で骨盤が開くから戻して上げたほうが良いくらいにしか思っていないことでしょう。ですが、皆さんが想像するよりもさらに、産後の骨盤矯正は非常に重要なのです。

産後骨盤矯正をしないとこんなデメリットが

デメリットは大きな要素として、3つあります。では、その3つのデメリットに関して、挙げていきます。

 

1 体重が戻らない、太りやすくなる。

これが気になり、産後骨盤矯正を希望される方が一番多いと思います。皆さんが想像する通り、妊娠・出産において骨盤は、大きく開きます。妊娠時は、お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて骨盤(恥骨結合、仙腸関節)が開きます。次に出産時には、普通分娩であれば、産道を赤ちゃんが通るために、骨盤を緩い状態にして、赤ちゃんの大きな頭が通れるようにします。この2つの理由で骨盤は大きく開きます。そして、そのまま骨盤の開きが戻りきらなければ、骨盤内腔や腹腔は広くなります。そして、そこに皮下脂肪がたまり体重、スタイルが戻らなかったり、増えてしまったりするわけです。

2 腰痛、膝痛など

骨盤のせいで生じる症状で特に多いのが、腰痛、膝痛の2つです。上でもお伝えしたように、骨盤はひらいています。そこにさらに、妊娠時の不良姿勢(特に腰を必要以上に反らし、お腹を前に出し、足はガニ股)が加わり、腰痛、膝痛を引き起こします。そして、産後では、赤ちゃんのお世話が増えるために、体の負担が増えます。お世話の姿勢では、中腰や下から抱き上げる動作、背中を丸めて覗き込む、抱っこをして揺らしたり、屈伸する、抱いて座っている時間が長いなどの姿勢によるものです。ただでさえ開いている骨盤に、このような不良姿勢が加わると、骨盤の歪みはさらに強まり、腰痛や膝痛の症状として現れます。そして、赤ちゃんのお世話で寝不足や運動不足、筋力不足、血流循環不全なども相まって、体の回復力は下がり、なかなか治りにくい状況になってしまうのです。

3 二人目不妊

これは、あまり知られていないことです。第一子目は、自己タイミングのみで、すぐに授かれていても、上記のように産後に骨盤の歪みが加わると、次の妊娠に影響を及ぼすのです。骨盤が歪んだままであれば、そこにおさまる骨盤内臓器である、子宮、卵巣は非常に窮屈です。その状態のまま妊娠を望んでも、子宮、卵巣の働きが正常ではないので、なかなか第一子と同じようには授かれません。二人目不妊の原因は、骨盤の歪み以外にも重要な原因はいくつかありますが、その中の一つとして、骨盤の歪みは見過ごせない問題です。

一般的な骨盤矯正が不十分な理由

現在では、骨盤矯正という言葉や認識は、一般的に知れわたっていますが、一言で骨盤矯正と言っても千差万別、ピンからキリまであります。ちまたに存在する普通の骨盤矯正の9割は、『骨盤を矯正している』だけで、本当の骨盤矯正ではありません。『骨盤矯正』しているのに、正確には骨盤は矯正されていないということです。その理由は、その骨盤の開き、歪みがどのようにして、なぜ起こったのかを、把握しきれていないからです。それを把握しきれないままに、闇雲に『骨盤を矯正』しているだけなので、本当の意味での骨盤は矯正されていません。問診や検査が、ていねいに細かくなされていないで整体を行っているところは、この一般的な骨盤矯正に当たるものです。

 

当院の『本物の骨盤矯正』とは?

骨盤を矯正することがゴールではなく、骨盤の開き、歪みによって、先ほど挙げたような不具合が起こらないようにすることが、『骨盤矯正』の本当のゴールです。ですので、骨盤の歪みだけを見ていても不十分なのです。そうではなく、その骨盤の歪みがなぜ、どのように起こったのかを、ていねいな問診や細かい検査で明らかにしていきます。ここで明らかになった結果を基に、あなたの症状や不具合が、良くなるように、今後起こらないように、『本物の骨盤矯正』を行います。あなたのお体の状態によっては、骨盤矯正をするために、骨盤ではなく、足や背骨など、骨盤以外の箇所を整体してあげた方が『骨盤矯正』になることも大いにあります。ですので、いきなり『骨盤を矯正』するのではなく、原因を探り、的確に『本物の骨盤矯正』を行っていきます。

 

※効果には個人差があり、効果効能を保障するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加