スタッフ紹介 東口院

[東口院長]須々田 誠史

須々田先生

 

[趣味]・釣り・プロレス観戦・ボウリング

[経歴]・赤羽のちいさな整体院

私は小学校の頃からマッサージにとても興味があり、高校生からは独学で勉強していました。マッサージは小学から大学にかけて身内や友達、友達の父母、先輩、後輩、担任の先生にもする機会が多くあり、自分の得意分野となりました。周りの方々からは、マッサージ師になることを勧められておりましたが、専門学校に通っている訳でもないので気になる程度でした。就活時期になり、柔道整復師の知り合いにお話を伺うと、「大卒で専門学校に行ってなくても治療家になった人はいる。更に今、その人の施術効果は凄い」ということを聞きました。この話を聞き、希望を持った私は本気で治療家を目指そうと思いました。そして、疲労回復整体と出会いました。まさに理想でした。一次的な回復ではなく根本的に良くしていく。その上9割が手技療法。更にソフトな施術。この技術を身に付けて周りの人たちの役に立ちたいと思いました。務めてから、日々練習や知識を身に付けるよう努力を積み重ね、今では患者様方のお身体をサポートさせて頂いていることに大変嬉しさを感じております。

今後も技術・知識を深めて、皆様のお身体の症状改善に向けて、全力でサポートさせて頂きたいと思います。気になる症状やお悩みを何でも気軽にご相談下さいませ。どうぞ、宜しくお願いします。

 

野崎 真也

野崎先生

[趣味]・ギター、楽曲作成、ドライブ、日帰り温泉巡り、読書etc

[出身]・東京

[経歴]・赤羽のちいさな整体院現在勤務

 

私が初めて整体の施術を受けたのは大学時代に運動部でバレーボールの選手として活動していた時でした。肩の酷使や捻挫で怪我をした際に、当時の監督の紹介でナショナルチームのケアも担っている治療家の施術を受けました。すると、足をついて歩くことや肩を動かすことさえ難しかった状態が、魔法にかかったようにすぐに思い切り跳んだり走ったりすることができるようになり、その時からなんとなく整体に興味をもっていました。

大学卒業後は接客業、塾講師を経て中学校の英語教諭になり、バレーボール部の顧問として指導をしていました。自分のチームの監督として、また、選抜チームのスタッフとして指導に携わる中で、技術で伸び悩んだり怪我で悩んだりする選手の多くは正しい体の使い方やケアができていないことが原因であることがわかってきました。身体や心について深く興味をもつようになり、セミナーや勉強会に参加して勉強を重ねていくうちに、施術家は「健康で快適で充実した人生を送る」お手伝いをできる素敵な仕事だと思うようになり、教職を辞め治療家の道を踏み出しました。退職後も勉強会に参加したり店舗で経験を積んだりし、より深い知識と技術を身につけたいと思っていたところ疲労回復整体に出会いました。それまで知っていた技術とは異なり、「え?そんな触るだけなの?」という感覚でしたが、高い施術効果だけではなく、ベースにある「あり方」や「考え方」も私にとっては大変興味深く、より追求していきたいと思うようになりました。これからも更に技術や知識を高め、一人でも多くの方の抱えているお悩みを希望に変えていくお手伝いができればと思います。気になる症状やお悩みなど、お気軽にご相談ください。よろしくお願いいたします。

 

竹内 理恵

竹内先生

[趣味] ドライブ・お酒を飲むこと・500円玉貯金

[経歴] 赤羽のちいさな整体院 東口現在勤務

 

前職は美容部員やエステティッシャンでした。整体師になりたいと思ったきっかけは、整体院とは無縁だった私が、当時、勤めていたエステサロンのスポーツクラブで働いたことです。そこで経絡マッサージを学びました。スポーツ後の疲れた体や日頃のお疲れを取りに来店されるお客様を施術するたびに、体の改善に繋がった施術者になりたいと思うようになりました。

今までは、美容に携わってきた仕事しかしてこなかったので、色々と調べて整体師という職業に興味を持ちました。まずは、整体師に少しでも近づけるようにスクールに通い基礎を学びました。スクール終了に伴い就活はじめ、その時に疲労回復整体を知りました。疲労回復整体は、一時的な改善ではなく、根本的に改善していく整体ということで、是非学んで習得したいと思いました。

これから、もっともっと高い技術・知識を深め、お一人お一人のお悩みに寄り添い健康のサポートをさせて頂きたいと思っておりますので、お気軽にご相談下さいませ。よろしくお願いします。

日吉 匠

日吉先生

趣味:サッカー、釣り、カフェ巡り

資格:柔道整復師

経歴:接骨院での勤務経験あり、赤羽のちいさな整体院 西口・東口現在勤務

 

一芸に秀でる意味を持つ【匠】です! ずっとサッカーをしていて、中学の時、怪我でサッカーを諦めざるを得なかった時に治療していただいた先生がいたおかげで、今でもサッカーができています。 そのきっかけで、身体に悩みを持つ人の役に立ちたいと思い施術家を目指しました。 経歴 接骨院で副院長として勤務後に自分視野を広げるため、営業職や販売職などの経験を経て現在に至ります。 目指すところは、患者様が何かに悩んだ時に、少しでも自分のことが思い浮かべてくれるようなそんな存在でありたいですし、目指して行きたいと思っております。 まずは、あなた様に信頼されるように日々努力していきますので、今後とも宜しくお願い致します。