スタッフインタビュー

古田島 友峰

古田島 友峰

出身地
東京
スポーツ歴
●野球 (小学生〜中学生)●アメリカンフットボール (高校生〜大学生)
趣味
●海外旅行 ●温泉旅行●買い物
資格
●疲労回復協会認定会員●MGAスクール認定会員●トータル・ボディ・メンテナンス・フィシス小顔矯正
経歴
●Dr.ストレッチ パーソナルトレーナー ●コンディショニングサロンフレクシー 院長 ●朝霞のちいさな鍼灸整骨院 勤務 ●赤羽のちいさな整体院   院長

現在まで、ストレッチ、ボディケア、整体、カイロプラクティックなど、身体を改善、健康増進することに関する手法をいくつも習得。同時に解剖学、生理学、臨床医学などの基礎医学も学ぶ。経歴の中で、特に朝霞のちいさな鍼灸整骨院では、根本施術に特化した手法を習得し、年間のべ1万人ほど来院されるお客さまの症状やお悩みを解決。ここでは3年間、根本施術を目指し多くの臨床経験を積み、徹底的に整体技術の精度、レベルを上げた。その反面、お客さまの心や精神面のケアも大切に考え、親身になってお話を聞き、不安や不信を取り除き信頼関係を築くことも重要視して臨んでいる。お客さまたちからは、とても優しく穏やかで、細かい気配りができる先生として、多くの信頼を得てきた。

ご挨拶

この度、プロフィールをご覧頂きありがとうございます。
私が、施術業界に関するお仕事に携わった経緯を三点ほど、お話しさせて頂ければと思います。
一つはある方との「出逢い」でした。その方は現役のプロの出張のスポーツトレーナーとして、現場で幅広く活躍している人でした。
その方と出逢い、人生の新たな道がスタートしました。その方の後ろで仕事を拝見させて頂く機会があり、アスリートや主婦や学生など、様々な方が、身体の痛みや怪我など悩んでいた方々が、改善していくのを目の当たりにして、この仕事ならお客さんの悩みに応え、人生の手助けを出来る仕事だと思い、この道を目指すことになりました。

二つ目は、「学生時代のスポーツの経験や怪我」でした。私は、高校と大学とアメリカンフットボールというスポーツを行っておりました。
アメリカンフットボールといえば、アメリカを代表するスポーツで、とても激しいスポーツでした。そんなスポーツを身体が小さい私が行っていた為、沢山の怪我をしました。そんな時にお世話になったのが地域の接骨院の先生でした。
診療時間が終わっても、先生は、怪我した私を毎日施術してくれる姿にいつも感謝の気持ちで一杯でした。こういう仕事こそが、人の心の支えになる仕事だと感じました。

三つ目は、「人に幸せを与えられる仕事」につくということです。
学生を卒業後に一流ホテルのホテルマンとして、一流のサービスや接客を勉強してきました。しかし、ホテルマンでは、毎日初めてのお客様や常連さんのゲストに接客できる時間は限られた時間で、限られたサービスしか出来ない自分にもどかしさを感じていました。
しかし、学校での勉強経て、施術院での経験、沢山のトップ施術家との出会いやセミナー経て、このお仕事に携わることが出来、沢山のお客様を施術させて頂くなかで、『ずっと痛みがあった股関節の痛みが取れて、やっと気持ちよく歩くことが出来るようになりました。』とお客様からの喜びを沢山頂くことが出来る仕事に私自身、今まで仕事の中で、お客様に一番幸せを与えられる仕事だと感じました。この仕事を通して、皆様の健幸のサポートをお手伝い出来たら幸いです。

後藤 大樹