体の歪みを改善する秘訣は、良い『〇〇環境』だった!

いきなりですが、〇〇環境とは、腸内環境のことです。腸内環境と体の歪みがどうして関係があるの?と思われた方も多いかと思います。

その答えは、内臓体表反射という現象により説明が可能です。内臓体表反射とは、内臓に疲れや異常がある場合、神経的につながりのある筋肉や皮膚に反射されて、コリや痛み、体の歪みとして体表に表れるというものです。

つまり、腸内環境が悪化することで腸が正常に働かなくなり、結果として体の歪みやコリにつながるということが起こり得るのです。整体や鍼灸などで体の外側から歪みを改善していくと同時に、腸内環境を整えることで体の内側からも歪みにアプローチしていくことでより健康な体を手にいれることができるのではないかと思います。

そこで、今回は腸内環境を整える方法についてお伝えしていきたいと思います。

腸内環境とは

私たちの腸内には、総称して腸内フローラと呼ばれる100種類以上の細菌がいます。これらの細菌が、腸内環境を左右する鍵を握っていて腸内環境を整える=腸内フローラを整えると言えます。腸内フローラの数はなんと約100兆個ともいわれていて、顕微鏡でみるとまるで細菌がお花畑(Flora)のようにみえることからその名が付いたそうです。

 

腸内フローラの種類

腸内細菌は、以下の3種類に分類されます。

・善玉菌

健康に有用な働きをする菌。悪玉菌の増殖抑制、必須ビタミンの生成、免疫力の強化。

・悪玉菌

健康に有害な働きをする菌。硫化水素やアンモニアなどの有害物質の生成。便秘や肌荒れ、疲労などの原因。

・日和見菌

善玉菌と悪玉菌の中間。悪玉菌が善玉菌より多くなると有害な働きをする。

 

腸内環境はこれらの菌の割合によって左右されます。その理想的なバランスは、

善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7

と言われています。

悪玉菌が優勢になってしまうと、

  • 便秘や下痢になる
  • 炎症性大腸炎など免疫疾患のリスクが高くなる
  • アレルギーが発症しやすくなる
  • 大腸ガンのリスクが高くなる

一方、腸内フローラのバランスが整っていると、

  • 痩せやすくなる
  • 便秘解消
  • 幸せホルモンであるセロトニンが分泌される
  • 免疫力の向上
  • 病気予防につながる
  • 疲れにくくなる
  • 美肌になる

このように比べてみると、腸内環境を整えることがいかに健康と繋がっているか一目瞭然です。

 

自分の腸内フローラのバランスを知るには?

それは、便の状態を観察して、判断することができます。健康な便は、

硬すぎず柔らかすぎず(少し柔らかめのバナナくらい)

・量はバナナ1〜2本分くらい

・色は黄土色から茶色

・不快な臭いはない

・あまり力まずスムーズに排便できて、残便感がない

このような便が毎日出ていれば良い腸内環境が保たれていると言えるでしょう。しかし、たとえ2〜3日に1回しか排便がなくてもスムーズに排便でき残便感がなければ問題はありません。毎日出ていても便が硬すぎたり、排便後にスッキリしないということがあると、腸内フローラのバランスが整っていないと言えるでしょう。

私たちの腸内には、総称して腸内フローラと呼ばれる100種類以上の細菌がいます。これらの細菌が、腸内環境を左右する鍵を握っていて腸内環境を整える=腸内フローラを整えると言えます。腸内フローラの数はなんと約100兆個ともいわれていて、顕微鏡でみるとまるで細菌がお花畑(Flora)のようにみえることからその名が付いたそうです。

 

腸内フローラの種類

腸内細菌は、以下の3種類に分類されます。

・善玉菌

健康に有用な働きをする菌。悪玉菌の増殖抑制、必須ビタミンの生成、免疫力の強化。

・悪玉菌

健康に有害な働きをする菌。硫化水素やアンモニアなどの有害物質の生成。便秘や肌荒れ、疲労などの原因。

・日和見菌

善玉菌と悪玉菌の中間。悪玉菌が善玉菌より多くなると有害な働きをする。

 

腸内環境はこれらの菌の割合によって左右されます。その理想的なバランスは、

善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7

と言われています。

悪玉菌が優勢になってしまうと、

  • 便秘や下痢になる
  • 炎症性大腸炎など免疫疾患のリスクが高くなる
  • アレルギーが発症しやすくなる
  • 大腸ガンのリスクが高くなる

一方、腸内フローラのバランスが整っていると、

  • 痩せやすくなる
  • 便秘解消
  • 幸せホルモンであるセロトニンが分泌される
  • 免疫力の向上
  • 病気予防につながる
  • 疲れにくくなる
  • 美肌になる

このように比べてみると、腸内環境を整えることがいかに健康と繋がっているか一目瞭然です。

 

自分の腸内フローラのバランスを知るには?

それは、便の状態を観察して、判断することができます。健康な便は、

硬すぎず柔らかすぎず(少し柔らかめのバナナくらい)

・量はバナナ1〜2本分くらい

・色は黄土色から茶色

・不快な臭いはない

・あまり力まずスムーズに排便できて、残便感がない

このような便が毎日出ていれば良い腸内環境が保たれていると言えるでしょう。しかし、たとえ2〜3日に1回しか排便がなくてもスムーズに排便でき残便感がなければ問題はありません。毎日出ていても便が硬すぎたり、排便後にスッキリしないということがあると、腸内フローラのバランスが整っていないと言えるでしょう。

 

①食生活の改善

善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌を多く含む食品を摂取する

味噌

チーズ

ぬか漬け

キムチ

ヨーグルト

これらの食品と同時に、善玉菌の栄養となるオリゴ糖や食物繊維が豊富な食品

ゴボウ

玉ねぎ

大豆

はちみつ

バナナ

を摂ることで、善玉菌が活性化され腸内環境が改善されます。善玉菌は乳酸や酢酸などを作って腸内を酸性に傾けることで悪玉菌を不活性化するだけでなく、蠕動運動を活発にしてくれるので、排便が促進されます。

 

②正しい姿勢をとること

猫背は腸を圧迫し、蠕動運動を妨げる要因になります。腸内環境が悪いと体の歪みにつながることは冒頭で述べましたが、悪い姿勢が腸内環境を悪化させる原因にもなる為、姿勢と腸内環境は相互に影響を与え合っていると言っていいでしょう。

③運動

ウォーキングやストレッチなど腸の蠕動運動を活性化させることで排便を促し、体内の毒素を排出することも腸内フローラのバランスを整える上で大切です。

④ストレスを溜めない

腸の働きは自立神経がコントロールしています。強いストレスは自立神経のバランスを乱す要因となり、大腸の蠕動運動が鈍くなることで悪玉菌の活性化を導きます。自立神経を整えるには、朝コップ1杯の水を飲む、腹式呼吸をするといった方法もあります。

 

まとめ

腸内環境を整えるだけで、体に良いことが多くあることがわかりましたね。食生活や運動など、腸内環境を整える習慣を取り入れて内臓からも歪みを整えていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加